皮膚科WEB予約は
こちら
ながの内科 写真 ながの内科 写真 ながの内科 写真 ながの内科 写真 ながの内科 写真

最新のお知らせ

<内科・皮膚科から>帯状疱疹ワクチンについて

2022.08.30

 

帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルスが原因となる、中年以降の方に多い『強い痛みと水疱』を特徴とした病気です。症状が重い場合、入院が必要となることがあったり、皮膚症状が治った後も神経痛が長期間続くこともあります。2014年10月に小児水痘ワクチンが定期接種化されて以降, 水痘の流行が激減し, 高齢者がブースター(免疫を強化する)効果を得る機会が減少しています。そのため高齢化による影響に加え, 水痘流行の減少が帯状疱疹のさらなる増加に繋がっていると言われています。
帯状疱疹は80歳までに3人に1人が発症すると推定されており、また発症した方の10~50%の方に帯状疱疹後の神経痛を生ずる可能性があると言われています。

 

2016年5月より、厚生労働省より『50歳以上の方に対する帯状疱疹の予防』を目的としたワクチン接種が承認されました。接種による効果として、以下が挙げられます。

・帯状疱疹の発症率が5割以下になる。

・もし発症しても症状が軽く済む。

・帯状疱疹後の神経痛の発症率が4割以下となる。

・接種後5年間の効果の持続。

 

 

◎ワクチンは大きく2つに分けられます。

・不活化ワクチン:病原性をなくした細菌やウイルスの一部を成分としたワクチン(インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンなど)

・生ワクチン:病原性を弱めた細菌やウイルスそのものを成分としたワクチン(MR(麻疹・風疹混合)ワクチンなど)

 

当院では、不活化ワクチン『シングリックス筋注』、生ワクチン『乾燥弱毒生水痘ワクチン(ビケン)』が受けられます。(要予約)

 

●不活化ワクチン『シングリックス筋注』:筋注、2ヶ月間隔で2回接種が必要。ブースター目的の再接種は必要なし。(9年以上の効果あり) 費用 約2万円×2 程度

●生ワクチン『乾燥弱毒生水痘ワクチン(ビケン)』:皮下注射、1回接種。ブースター目的の追加摂取が必要な可能性あり(5-8年後くらい) 費用 約9000程度
透析中の方、悪性腫瘍治療中の方、先天性もしくは後天性の免疫不全の方、副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤などの内服や注射を使用中の方は生ワクチンは摂取できません。

 

※但し、50歳以上の方で費用は保険適応外(自費)となります。

※妊婦、発熱している方は接種出来ません。

 

詳しくは、お尋ねください。

 

 

 

採用情報

2022.08.21

当院は内科と皮膚科のクリニックです。
対話を大切にした診察を心掛けています。
一緒に働いていただける方をお待ちしています。

 

・当院は院内処方です。
・禁煙外来を行っています。(敷地内禁煙)
・無料駐車場あり(マイカー通勤可)

※詳細は、ハローワークで公開しています。

 

【採用情報】

●正看護師
雇用形態: アルバイト・パート
仕事内容:看護業務(診療介助、採血、注射、処置など)、調剤業務

*就業時間は相談に応じます
(週20時間程度の勤務シフトになります)

 

●准看護師
雇用形態: アルバイト・パート
仕事内容:看護業務(診療介助、採血、注射、処置など)、調剤業務

*就業時間は相談に応じます
(週20時間程度の勤務シフトになります)

 

●受付・医療事務 (現在は募集しておりません)
雇用形態: アルバイト・パート
仕事内容:受付・会計業務
電子カルテ(デジカル)レセコン(ORCA)使用
電子カルテ入力補助業務
実務経験必須(レセプト請求経験は不問)

*勤務時間は相談に応じます

 

●医療事務および調剤の補助業務
雇用形態: アルバイト・パート
仕事内容:電子カルテ入力補助業務・看護業務/調剤の補助・受付・会計業務
PCの基本的操作(スムーズな入力ができる程度)
医療事務未経験者可(知識があれば尚可)

*勤務時間は相談に応じます

<皮膚科から>「巻き爪」と「陥入爪」の違いについて

2022.08.05

いつもご来院ありがとうございます。

さて、巻き爪と言ってご来院される患者様の中には、「巻き爪」ではなく、深爪や靴などが原因の「陥入爪」の方が多くいらっしゃいます。

もちろん両者が併発している方もいらっしゃいます。

どちらが主体であるか、その症状によって、保険治療で対応が可能な場合と自費での治療(保険外治療)でないと治療が難しい場合があります。

「巻き爪」と「陥入爪」の違いについて、詳しく知りたい方は 『巻き爪専門メディア 巻き爪を知る・治す・予防する』 を覗いてみませんか?

 

 

 

 

 

☆ながの内科クリニック☆