皮膚科WEB予約は
こちら
ながの内科 写真 ながの内科 写真 ながの内科 写真 ながの内科 写真 ながの内科 写真

最新のお知らせ

〈皮膚科から〉6月8日(土曜)皮膚科休診のお知らせ

2024.05.20

6月8日(土曜)は日本皮膚科学会総会に参加のため、皮膚科は休診とさせていただきます。

 

 

ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

☆ながの内科クリニック☆

〈皮膚科から〉抗ヒスタミン内服が無効のアトピーや痒疹のつらい痒みに……

2024.05.20

『ミチーガ® は、アトピー性皮膚炎や結節性痒疹のかゆみの原因となる物質のはたらきをブロックして、アトピー性皮膚炎や結節性痒疹のかゆみを抑える、新しいタイプの注射剤です。
用量によって、適応年齢や疾患が異なります。

 

★30mgシリンジ

既存治療で効果不十分な「アトピー性皮膚炎に伴うそう痒」:6歳以上13歳未満の小児

⇒1回30mgを4週間の間隔で皮下投与

 

既存治療で効果不十分な「結節性痒疹」:成人および13歳以上の小児

⇒初回 60mg(30mg×2本)を皮下投与し、以後1回30mgを4週間の間隔で皮下投与

 

★60mgシリンジ

アトピー性皮膚炎に伴うそう痒(既存治療で効果不十分な場合に限る):成人および13歳以上の小児

⇒1回60mgを4週間の間隔で皮下投与

 

ミチーガを使用される患者様への様々な医療費サポート制度(医療費控除、高額療養費制度、こども医療など)があります。

https://www.maruho.co.jp/kanja/atopic/mitchga/support/

 

詳しくは、お尋ねください。

 

 

 

 

 

 

☆ながの内科クリニック☆

 

 

 

<皮膚科から>12歳から投与可能な難治性円形脱毛症の治療薬『リットフーロ®カプセル50mg(リトレシチニブ)』

2024.05.16

円形脱毛症とは:
自己免疫性疾患で、体が自分自身の毛包を攻撃してしまい、毛が抜け落ちてしまう病気です。

 

今回、難治性の円形脱毛症の経口の治療薬として、リットフーロ®カプセル50mg(一般名:リトレシチニブトシル酸塩カプセル)が、2023年6月26日に製造販売承認され、2023年9月27日に発売されました。

 

 

リットフーロの適応症:
・円形脱毛症(ただし、脱毛部位が広範囲におよぶ難治の場合に限る)
・50%以上に脱毛が認められ、過去6ヵ月程度毛髪に自然再生が認められない状態

 

適応年齢:
成人および12歳以上の小児の円形脱毛症患者

 

薬剤価格:
リットフーロカプセルの薬価 1カプセルあたり5,802.4円
1ヶ月服用(30日換算・3割負担の方)すると、1日1カプセルの服用で薬剤の自己負担額は52,221.6円となります。(高額療養費制度やこども医療が使えます。)


※こども医療(
小児への医療費助成制度):
対象者)
現在、春日市では

【令和6年9月まで】0歳~中学生
【令和6年10月から】0歳~高校生世代(※)
※ 18歳に到達した年度の3月31日までです。学生でない人も対象になります。
※ 福岡市の方は、0歳~高校生世代の方が対象となります。

 

※なお新医薬品については、「1年間は14日分を限度として投与すること」とされていますので、1年間は1回の診察につき14カプセルの処方が上限となります。

 

◎投与の前に・・・・
事前に検査が必要になります。
結核についてはレントゲン(場合によりCT)や血液検査、ツベルクリン反応などを調べます。また、B,C型肝炎ウイルスが陽性の場合、先に専門家の意見をいただいた上で開始の可否を決めます。以上のような事前の検査でしっかり安全性を把握してから投与開始となります。
※結核の採血に関しては、平日のみとなります。(土曜日は行えません。)

 

禁忌)
・妊娠中
・活動性結核
・血球減少(好中球 500/mm3未満、リンパ球 500/mm3未満、ヘモグロビン 8g/dL未満)
・重度の腎機能障害、高度の肝機能障害投与

 

 

※これらの治療薬の投与に関しては、
皮膚科専門医(日本皮膚科学会認定)が常勤していること
・皮膚科学会に導入施設の申請をしていることなどが条件とされています。

当院では、治療が可能です。

 

※現在、難治性円形脱毛症の治療薬として、オルミエント(バリシチニブ®)(対象年齢:成人および15歳以上)も投与可能です。

 

 

 

☆ながの内科クリニック☆

<皮膚科から>繰り返すにきびでお悩みの方に・・・・アグネス(AGNES)によるRF治療

2024.05.16

★AGNES(アグネス)★

 

にきびは皮脂腺から生じる毛包炎です。
AGNES(アグネス)は、にきびの原因となる過剰な皮脂腺を、選択的に電気凝固針で破壊することにより本質的ににきびを治療する機器です。
AGNES(アグネス)により破壊した皮脂腺は再生することなく、同じところからはにきびはほぼできません。

 

 

こんな方に)
・同じところに繰り返すにきびに
・外用や内服でなかなか治らないにきびに

 

保険外診療(自費)となります。
当院では、保険診療の際に必要と判断した方のみに施術させていただきます。(予約制)

 

中学生以下の方の施術は行いません
未成年の方の施術は親の同意書(一筆でも可)が有れば施術可能です。

※当院には、洗顔およびメイクスペースがありません。ご不便をお掛けしますが、ご了承ください。

 

【料 金】

初診や再診料(保険外)がかかります。

初診料  2,750円(税込)
再診料  1,100円(税込)

*針代  各5,500円(にきび用、コメド用)

*1個 1,100円 (※初回のみ 1〜10個まで1個 880円(20%off))

*別途:麻酔クリーム代 1,100円(外用後ラップを当てます。)もしくは ペンレステープ 1枚 220円
※ 施術の1~2時間前から貼付いただくと効果的です。(施術の痛みを和らげます。)

 

 

 

 

※入浴および洗顔について:
個人差はありますがダウンタイムが少ないため、施術した当日から洗髪やシャワーも可能ですが、施術した部位はなるべく濡らさないように注意してください。
施術の翌日からは、洗顔やメイク・入浴も通常通り可能です。

 

 

禁忌事項: 下記の方は施術を受けることができません。

〇妊娠中の方
〇ペースメーカーご使用中の方
〇体内に金属類や機械類のある方(金の糸含む)
〇治療部位にプロテーゼなどの異物挿入がある方

 

 

アグネス-AGNES-によるにきびのRF治療について詳しく知りたい方へ・・・★

繰り返し再発する、炎症性にきびに・・・

 

  • にきびの原因は?⇒毛穴に詰まった皮脂による毛穴の閉塞

皮脂が皮膚の外に排出されず毛穴に溜まったものを「白にきび」、酸化して黒い点のように変化したものを「黒にきび」といいます。
また、毛穴に詰まった皮脂が硬くなったものを「面皰(めんぽう)」といいます。

⇒アグネスは、これらの発生源である皮脂腺を直接破壊する治療法です。

 

アグネスは選択的皮脂腺の破壊術を用いることにより、皮脂の分泌を減らし、つまっているニキビを除去することができるため、本質的なにきび治療が可能となる機械です。

・治療針の根元は絶縁されているため、皮膚表面や毛穴付近には影響はありません。

・治療直後、軽い腫れや熱感を生じることがありますが、徐々に消失します。

 

原理)

にきびは皮脂腺から生じる毛包炎であるため、皮脂腺が消滅すればにきびの発症箇所がなくなります。

⇒「毛根を破壊すれば永久脱毛が可能」であるのと同様の原理に基づいて開発された機械で、アグネスの微細絶縁針およびRFシステムは、表皮に熱損傷を起こすことなく皮脂腺だけにエネルギーが伝わるように設計された、安全かつ効果的なにきびの治療法です。

 

 

【にきび治療に関するQ&A】

  • アグネスの治療は、すべてのにきびに適用可能ですか?

⇒可能です。 青少年のにきび、大人のにきび、面疱性にきび、特に慢性的な炎症性にきびに効果的です。 また顔だけでなく、胸、背中等のにきびにも効果的です

  • 既存のにきび治療と異なる点は何ですか?

⇒既存のにきび治療法(飲み薬、スケーリング、剥離、レーザーなど)は、状態を一時的に好転させる程度でしたが、アグネスの選択的皮脂腺破壊術は、にきび菌の根源である皮脂腺を根本的に取り除くため、施術部位はほとんど再発しません。

  • 施術時、痛みはありますか?

⇒痛みの感じ方は個人差がありますが、麻酔クリームを塗った後、施術時に少し刺激される程度です。施術後に腫れや熱感がみられることがありますが、すぐに改善されます

  • 施術後、通常の日常生活は可能ですか?

⇒日常生活にはほとんど影響はありません。 施術後に出るリンパ液などの浸出物は、軽くガーゼで拭くととれます。

  • 治療は当日1日で終了しますか?

⇒確実な治療効果を得るためには、施術の翌日または翌々日にご来院いただき、皮脂腺内の残渣物の圧出をする必要があります。

  • 治療効果はいつ実感できますか?

⇒アグネスの治療は、1回でかなりの効果を実感できますが、平均的には3~5回の施術で終了します。 施術後1週間で効果が現れますが、時間の経過とともに治療効果が高まります。(人によっては1-2週間一旦悪化したように赤みや腫れがひどくなったり、膿んだようになることもあります。この場合、抗生剤内服や外用を併用し治療します。)

  • 皮脂腺を破壊すると、乾燥しませんか?

⇒人の顔にはおおよそ20万個の毛穴があり、数百程度の皮脂腺破壊では乾燥しません。 むしろ、皮脂腺を破壊するために高周波を加えると毛穴が収縮しコラーゲンの再生によりにきび痕の改善とともに肌のキメを整え、ハリが生まれます。

 

 

☆ながの内科クリニック☆